創業152年の信頼と技術 名古屋市で着物クリーニングならきものやまなかにお任せ下さい。

トップ > Q&A > 友禅 > ヤフーオークション出品の手書き友禅は、何友禅ですか?

ヤフーオークション出品の手書き友禅は、何友禅ですか?

友禅について詳しくご説明します。

  •  

    •  

まず「友禅」についてご説明します。

「友禅」とは、日本伝統の着物の染色方法の1つのことを言います。京都の絵師「宮崎友禅斎」によって生み出された技法です。

 

友禅には、おおきく2つに分けて「型友禅」と「手描き友禅」があります。

型友禅とは?

柿渋紙で作った型紙に、色糊を用いて染める友禅技法のことを言います。
京都で、明治初期に合成染料ができ、それによって開発された友禅です。
型紙を繰り返し使用出来るため、同じ柄のものを量産できるようになった染織方法とされています。
しかし、職人の手によって染められる型友禅もあり、そちらは一色につき一枚の型紙で染めるため、 着物によっては何百枚といった型紙を使用することもあります。
職人さんによって染められる、本物の型友禅は熟練された技術と根気が必要です。
職人さんの手によって染められた本物の「型友禅」は高価な作品もございます。

 

手描き友禅とは?

手描き友禅には、三大友禅とよばれる「京友禅」「加賀友禅」「東京友禅」があります。

これらの友禅は紙に図案を描き、それを基に白生地へ柄を手描きしてゆきます。
「手描き友禅」の一番の特徴は「糸目」です。
「糸目」とは、柄の輪郭線の白い線の事です。「糸目糊」と呼ばれるモチ米を原料とした防染糊を、柿渋紙で作った円錐型の筒に入れ、 糸目糊を白生地に細い線として出しながら柄を描いていきます。
糸目糊を均一な細さで自由自在に美しく描けるには、たくさんの経験と技術が必要です。
糸目が描き終わった後にその内側を彩色し、さらに、柄全体を防染糊で防染し、引き染めをします。 最後に防染糊を洗い落とし、蒸して色止めをしてやっと反物になります。


上記のような本物の「手描き友禅」「型友禅」は、職人さんの手仕事から生み出されていますが、現代ではインクジェットプリントしたものも友禅と称した商品があるため、呉服業界では友禅の意味が曖昧になっています。

 

「三大友禅」とは?

三大友禅とは、京友禅・東京友禅 ・加賀友禅 のことを言います。それぞれ三大友禅について、下記にまとめましましたのでご参照ください。

 

友禅の種類  地 域背景にある風土特 徴
京友禅  京都貴族文化

華麗な図案風模様

華な金銀箔や刺繍

三大友禅で最も豪華爛漫

東京友禅  東京(江戸)町人文化

都会のセンスと洒落感の漂う作風

渋い色合い
加賀友禅  石川(加賀藩)武士文化

落ち着きのある写実的な草花模様を中心とした絵画調の柄

艶やかで落ち着いた色合い

虫食い 

 

上記のように、同じ友禅でも土地や風土によって、それぞれの友禅が独自に進化してきました。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

Pocket