創業152年の信頼と技術 名古屋市で着物クリーニングならきものやまなかにお任せ下さい。

トップ > Q&A > 絽綴れ > 9月中旬頃に友人と文楽鑑賞に行くのに、絽綴れの帯を使用してもいいでしょうか?

9月中旬頃に友人と文楽鑑賞に行くのに、絽綴れの帯を使用してもいいでしょうか?

絽綴れの帯は、単衣や薄物の着物にはピッタリの帯ですが、9月中旬頃に…ということであれば、少し遅いかもしれません。

  •  

    絽綴れの帯を使用する相応しい時期とは?

    •  

      現在、単衣や薄物の着物は、初夏と感じる頃に着始めても良いと考えられているので、5月には着てもいいでしょう。


    • 着物の基本は「季節先取りコーディネート」で、帯は「着物より一歩先」が良いとされているため、5月下旬ぐらいに初夏を感じれば締めても良いのではないかと思います。
      また、暑さが本格的になる前から夏用の帯を締めると「粋」な着こなしを楽しめます。
      この時期に、絽綴れの帯を締めるのであれば、残暑を感じる9月上旬ぐらいまでとなります。このように、約4ヶ月もの間締めることができるため、絽綴れの帯(夏用の帯)を持っているととても便利です。


    • 紗や羅の帯は、7・8月の盛夏のみのため絽の帯の方が、長い期間使用できるので重宝します。絽の染帯は、芯を入れて仕立てあるため長時間締めても、しっかりしていてシワもよらないため、美しく着れます。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

Pocket