創業152年の信頼と技術 名古屋市で着物クリーニングならきものやまなかにお任せ下さい。

トップ > Q&A > 喪服 > 着物の喪服を着てもいい年代はありますか?

着物の喪服を着てもいい年代はありますか?

着物の喪服を着てもいい年代は、特に決まっておりません。

喪服とは、もともと亡くなった方の遺族だけが喪中に着用するものでしたが、弔問客は普段着を着て参列していました。
着物の喪服を着るのは、主に親族の葬儀がほとんどです。
葬儀の服装のマナーとして、最も重要なのが「遺族よりも高い格式の喪服を着てはならない」ということです。
喪服といっても着物からスーツまで様々ですが、喪服は礼装の1つですので格式があります。弔事の場面や立場によって、着用すべきものが異なります。
ご親族にもしものことがあったときのために、着物の喪服を準備するのはいいことだと思います。しかし、あまり早い年代で用意して体型が変わってしまっては、また買いなおさなければいけません。ご親族の方の年齢や家族構成、ご自身の年齢等を考えご準備されるのが良いと思います。

  •  

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

Pocket