創業152年の信頼と技術 名古屋市で着物クリーニングならきものやまなかにお任せ下さい。

トップ > Q&A > 薄物 > 薄物の着物とは、どんな着物のことですか?

薄物の着物とは、どんな着物のことですか?

薄物とは、盛夏の頃(7・8月)に、単衣で仕立てた着物の中でも透け感のある着物のことです。

  •  

  • 他にも夏に着る着物があります。薄物の種類もいくつかございますので、下記を参考にしてください。

夏に着る着物の種類は?

夏に着る着物の種類は、おおまかに2種類ございます。

  • 「単衣」…暑くなる頃(5・6月)と残暑の頃(9月)に、裏地をつけないで仕立てる着物
  • 「薄物」…盛夏の頃(7・8月)に、単衣で仕立てた着物の中でも透け感のある着物

薄物の着物とは、裏地をつけずに仕立てる着物のことで、たて糸とよこ糸の密度が粗く、透ける生地で作られています。絽・紗・上布・絹紅梅などがあります。

 

薄物の着物の種類は?

  • 絽…もじり織りの物一種です。薄地で軽量、隙間が多いため通気性が良く、絽目の通っている方向により、経絽(たてろ)と緯絽(よころ)とよばれます。
  • 紗…経と緯がシンプルに交わったもじり織りの物一種です。紗には、地模様を織った紋紗、二重織りの風通紗、節がある紬風の粋紗などの種類もあります。産地は、西陣・桐生・五泉などです。
  • 上布…良質な麻織着尺地のことです。細い麻糸で織られた上質の麻織物で、着物通には高級品とされています。上布は、新潟県の越後上布・石川県の能登上布・滋賀県の近江上布・沖縄県の宮古上布などが有名です。
  • 絹紅梅…紅梅とは、経と緯に太さの違う糸を織り込んだ織物のことです。太い糸の部分が格子状に浮き上がり、勾配ができるため、紅梅とよばれるようになりました。

※綿紅梅の素材が綿のため絹紅梅の素材は絹と思われがちですが、絹の交織です。
※浴衣としても着物としても着ていただけます。

 

長襦袢が透けて見えますので、見た目も涼し気で爽やかな印象になります。長襦袢と着物の寸法がきちんと合っていることが重要です。また、夏の着物は、暑いですが肌は見せず、襦袢と着物を重ねても見る方が清涼感を感じることができます。
着物・帯・襦袢を薄い色合いで統一したり、濃い色の着物でも襦袢の透け感で涼しく演出したりして、楽しんで着ていただけたらと思います。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

表示するエントリーがありません。

Pocket