創業152年の信頼と技術 名古屋市で着物クリーニングならきものやまなかにお任せ下さい。

トップ > Q&A > 着物クリーニング > 「洗い張り」とは、どのようなクリーニング方法のことか?

「洗い張り」とは、どのようなクリーニング方法のことか?

今のサイズに合わなくなって仕立て直しをする場合に、着物を全て解いて反物に戻して洗うことを「洗い張り」と言います。

クリーニング方法の洗い張りとは?

「洗い張り」は、洗剤を水に溶かして手作業で洗います。水洗いすることで、糸穴や生地の縮みをなくし張りが出るので、生地を蘇らせることができます。

 

<おおまかな洗い張りの手順>

お客様へ事前確認をした後に下記の手順で行います。

1.着物を解く 2.端縫い 3.洗う 4.乾かす 5.つなぎ直す 6.伸子張り 7.のり入れ
8.乾かす 9.湯のし 10.仕上げ

お着物のシミや汚れが綺麗になり、新品のときのような「張りのある反物」に戻すことができます。

 

お店によっては「洗い張り」だけでなく、下記のサービスもご一緒にできるお店もあります。

  • ご希望のお色への染め替え。
  • ご希望サイズへのお仕立て直し。
  • 汚れをはじくガード加工。

一度にご依頼されたいというお客様は、お気軽にご相談ください。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

Pocket