創業152年の信頼と技術 名古屋市で着物クリーニングならきものやまなかにお任せ下さい。

トップ > Q&A > 家紋 > 着物の家紋は、嫁ぎ先の家紋と実家の家紋どちらを入れるべきでしょうか?

着物の家紋は、嫁ぎ先の家紋と実家の家紋どちらを入れるべきでしょうか?

一概にどちらとは言えません。

既婚者の方であれば、家紋を入れて頂いて大丈夫です。
ただし、年齢や色によって家紋の入れる数も違ってきますので、お客様の用途に合わせてお入れください。
近年までは、実家で留袖や喪服を用意し嫁入りに持たせるという風習があったため、その頃は実家の紋で作るのが一般的でした。

地域によっては女紋があり、代々女性で受け継いでいく紋もあるそうです。また、嫁ぎにいった娘が、万が一戻ってきても生涯着物をつかえるようにという配慮でもあるという話も聞きます。
家紋についての考え方は、地域や時代によって変わってきます。嫁いだ後に作る着物には、嫁ぎ先の紋を入れた方がいいという説もあるようです。
お客様の地域に合わせたり、今後の着物の使用頻度・場所を考えた上で、適切な紋を入れられてはと思います。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

Pocket