創業152年の信頼と技術 名古屋市で着物クリーニングならきものやまなかにお任せ下さい。

トップ > Q&A > 大島紬 > 大島紬の着物が高価な理由とは何ですか?

大島紬の着物が高価な理由とは何ですか?

大島紬は、すべての工程が手作業で行われており、制作過程の特徴からも高価な着物だということが分かります。

大島紬の着物が効果な理由とは?

  • 大島紬は、すべての工程が手作業で行われています。図案作成から製織までは、早くても半年から1年近くかかりますので、複雑な大島紬ほど高価になります。価格のほとんどは手間賃で、人件費が上がれば大島紬も高くなります。

  • 大島紬は、丈夫なため親子三代着られると昔から言われています。流行や伝統を踏まえた上で作られているため、古くさく見えることもないため長年たくさんの方に愛用されています。着用回数も染物より多く着れるのも魅力の1つです。

     

    大島紬の3つの特徴とは?

    特徴1.独特な作り方

    「締機」といわれており、一旦仮り織りして、その絹糸との交点が絣となります。そのため、絣が多いほど柄がはっきりと細かく表現でき、絣が細かいほど高級品なのです。「1マルキ=絣糸80本」を表しています。絣糸が多いほど高価格になります。

     

    特徴2.織り

    大島紬の柄は全て絣で表現されています。他の産地で見られない絣合わせの技術です。従って絣の数が多いほど、手間がかかっています。最も早い人でも1か月1反織ることのできる人は少ないです。

     

    特徴3.染め

    昔ながらの植物染料と奄美にも限られた泥田から独特の黒色が生れます。60~100以上車輪梅染めを繰り返し、4~6回の泥染めを繰り返します。染めるだけで2ヶ月はかかります。

     

    上記3点が主な大島紬が高価な理由と考えられています。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

Pocket